Interview : Publisher / CEO of OhBoy! Mr.Kim

September 26, 2017

2017/09/23〜09/24の2日間でPOP UP STOREを開催頂いた " OhBoy! " の

出版者兼オーナーのKim氏(下記 Mr.Kim)にインタビューしました!

 

WE had an interview with publisher of OhBoy! Mr.Kim.

 

 LINE-UP「Could you introduce about you first ?」

まず初めに、キムさんの自己紹介をお願い致します。

 

Mr.Kim 「I'm a fashion photographer work in Seoul. I started my carrier in my university since 1997. After 10 years, my dog died because of ill. My mom and I had more than 20 dogs. My mom used to pick stray dogs from on the street so I grew up with my dogs and love them so much. But my heart was totally broken after my dog died my special one. After he died I wanted to start something for animals so I started to make magazines. First, I started to take pictures on the street of animals but I couldn't watch them on focus with my mental suffering because of his death. Then I decided to make magazine about animals and environmental. That's why I published my own magazines. However at the time, I didn't have any plan of my magazine.  But I was lucky that I had a lot of friends who cheered me up so much. I'm still appreciated them. My magazine OhBoy!'s outlook is like a fashion magazine but inside is about animal rights and environment issue. Sometimes, I write about fashion or cultures any other stuff but the main topic is about ANIMALS. Everyone think when they see OhBoy! magazine first time, it's supposed to be "fashion magazine" but It's not. There are massages about animal rights in OhBoy! magazine. There is a gap between outlook and inside that's why I decided like this way. 」

 

僕は、韓国ソウルでファッションフォトグラファーをしています。1997年大学からこの仕事を始めました。僕と母は犬が大好きで、捨て犬を拾っては飼ってを繰り返していると気がつけば20匹にもなっていました。その中でも僕が一番大事にしていた犬が仕事を初めて10年後に死んでしまいました。小さい頃からその犬と一緒に育ってきた僕にはショックが大き過ぎました。それから、動物の為に何かしたいと思い始め、マガジンを作ることにしました。初めは、動物の写真を撮っていましたが、僕の大事な犬が亡くなった苦しみで写真さえ取ることが出来なくなってしまったので、動物愛護や環境についてマガジンに書こうと決めました。

しかし、その時僕はなんのプランもないままマガジンを始めてしまったのですが、周りの友達達に勇気付けられてここまでやって来れました。僕のマガジンOhBoy!はファッション雑誌の様に見えるのですが、内容は動物愛護や環境の事をメインに書いています。このGAPが今の成功の秘訣なのかもしれません。OhBoy!には動物愛護や環境についてたくさんのメッセージが込められています。

 

LINE-UP「Thank you very much Mr.Kim. Why did you decided the name "OhBoy!" as your magazine name ?」

 

キムさん、ご紹介頂きありがとうございます。では、OhBoy!の名前の由来は何ですか?

 

Mr.Kim「It's simple. I wanted to chose name which is short and easy to remember !」

 

シンプルに、"短く" て "覚えやすい"名前にしたかったからです!

 

LINE-UP 「Why did you open your pop up store in OSAKA?」

 

大阪でPOP UP STOREを開催しようと決めたのは何故ですか?

 

Mr.Kim「Fist, I like Japanese culture so much. I had a opportunity to open my pop up store in TOKYO last year in 2016. It was very very successful so I was already ready to open my pop up store next place in JAPAN. At same time, you sent me a e-mail about OSAKA POP UP STORE so I grab it ! and finally we could meet in OSAKA! But to tell the truth, this is my first visiting in OSAKA in my life !」

 

まず、僕は日本の文化がすごく大好きです。そして去年2016年に東京でPOP UP STOREを開催する機会があり、そのPOP UP STOREは大反響の結果となりました。 その瞬間から別の日本の場所でもPOP UP STOREを開催したいと思っていました。そう思っていた時に、あなたからPOP UP STOREの連絡が来たのでこれはいいタイミングだと思い、大阪でのPOP UP STORE開催を決めました!しかし実は、僕は大阪に来るのは人生で初めてなのです。笑

 

LINE-UP「REALLY ?!?!」

 

え!?本当ですか?!

 

Mr.Kim 「Yes. I had been to TOKYO more than 30times but this is my first time in OSAKA so I'm so happy to be here.」

 

はい、東京へは30回以上訪れているのですが、東京以外の場所へは一度も行った事がありませんでした。

 

LINE-UP「That's really surprised !! LOL  But why you like Japan so much ?」

 

それはすごく驚きです!笑  ですが、キムさんは何故そんなに日本が好きなのですか?

 

Mr.Kim「When I was young ,I watches Japanese animation and read comics and novels. There are totally different culture with Korea. I like Korea culture of course but I was so interested in Japanese culture !  I'm always thinking that if I have any opportunities to do something in Japan through OhBoy! , I definitely will say " I WILL DO IT. " that's why I'm here because you sent me a e-mail.」

 

幼い頃から日本のアニメやマンガ、ノーベルを読んでいました。日本の文化は韓国の文化とは全く違うもので、ものすごく興味が湧きました! それからもしも日本で何かできる機会があれば、何でもしたい!と思うう様になりました。なので今回もあなたから連絡が来て、大阪へやって来ました!

 

LINE-UP「Cool! I love it! Thank you for coming to OSAKA, Mr.Kim !!! How do you like our space ?」

 

カッコいいですね!大阪へ来てくださってありがとうございます! ここのスペースを選んで頂いた理由は何ですか?

 

Mr.Kim 「I checked your place through your website after you contacted us. It was so COOL ! and your company looks well-organized and I thought I want to do something with them them I decided to come to OSAKA.」

 

あなたから連絡が来てから、オンラインでLINE-UPについて調べていて、すごく良い会社だし外観もすごく良いと思いあなた達と何か出来れば良いと思い、LINE-UPでPOP UP STOREを開催しようと決めました!

 

LINE-UP 「Thank you for your kind words. It's my pleasure to meet you here in OSAKA as well !! What is your happiest thing thorough this OSAKA POP UP STORE?」

 

嬉しいお言葉をありがとうございます! 私たちもこうして、大阪でキムさんやスタッフ皆さまにお逢い出来て心から嬉しく思います。 今回の大阪POP UP STOREで一番嬉しかった事は何ですか?

 

Mr.Kim「MANY PEOPLE.  I was kind of surprised that so many people came to my POP UP STORE even I didn't PR so big for this time. I just used our Instagram. The POP UP STORE in TOKYO was introduced on big online media but not for this time.」

 

予想以上のたくさんのお客様に来ていただいた事です。 今回はそんなに時間がなかったという事もあり、インスタグラムでしかPRをしていなかったにも関わらず、こんなにもたくさんのお客様がOhBoy!のPOP UP STOREに訪れてくれた事です。

 

LINE-UP「Actually OhBoy! POP UP STORE brought the most number of customers ever we had before!! Would you like to come back to OSAKA again?」

 

実は、今回のOhBoy!さんのPOP UP STOREは過去で一番お客様が多かったPOP UP STOREになったので私たちも驚きました!!また、大阪へ戻って来てくれますか?

 

Mr.Kim「Definitely!For next time, I will be more ready then this time for OSAKA POP UP STORE !」

 

もちろんです。次のPOP UP STOREに向けて準備しておきます!

 

LINE-UP「I'm looking forward to meet you in OSAKA again! Thank you very much, Kim-san. 감사합니다.」

 

また、次回大阪で皆様にお逢いできる事を、心から楽しみにしています。キムさん、カムサハムニダ。

 

Mr.Kim「Thank you very much, ありがとう!」

 

こちらこそありがとうございました。ARIGATOU!

 

【OhBoy!】

오보이매거진 환경과 동물복지를 생각하는 패션,문화잡지

A magazine for you and the planet. Culture & Mother Nature.

Animal Rights, Wise Consumption, 

 

Instagram : @ohboymagazine  @ohboyjapan

Official web : http://www.ohboy.co.kr/

会場:LINE-UP HQ POP UP STORE

大阪市西区南堀江1-5-10 セイワ南堀江 リバーレジデンスEAST1F

お問い合わせ:popupstore@lineup-inc.com

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

RIPNDIP OSAKA POP UP STORE

December 7, 2019

1/10
Please reload

最新記事

October 26, 2019

September 28, 2019

Please reload