エジミウソン 元サッカー ブラジル代表 取材撮影 in スペイン 沖縄 神奈川


エジミウソン 元サッカー ブラジル代表キャプテン 取材撮影 2017.6

FCバルセロナ・レジェンド レアルマドリード・レジェンド カンプノウ(スペイン)取材撮影

出会いはスペイン、バルセロナ サッカーファンなら誰もが憧れるサッカースタジアム「カンプ・ノウ」でおこなわれた

FCバルセロナ・レジェンド VS レアルマドリード・レジェンドを観戦後

VIPスペースでの取材撮影。

試合後にも関わらず気さくに対応してくれ笑顔が素敵なのが第一印象。

後日、バルセロナのレストランで取材 エジミウソンは常に紳士でなによりファンを大切にする選手でレストランだろうと街中だろうとファンにサインを求められれば時間が許す限りサインに応じる。

そんな彼がCBF(ブラジルサッカー協会) エジミウソンキャンプの日本開催をこの時、約束してくれた。

2017.9/20-23 CBF(ブラジルサッカー協会) エジミウソンキャンプ in JAPAN 沖縄・神奈川

スペインから3カ月

遂にCBF(ブラジルサッカー協会) エジミウソンキャンプの日本開催

那覇空港には地元のサッカーファンなどが詰め掛け期待の高さを伺わせた。 TVや新聞のプレス取材と過密スケジュールを経て CBF(ブラジルサッカー協会) エジミウソンキャンプ in 沖縄と成田空港から移動して神奈川で開催された。

地元サッカー少年にサッカーの楽しさだけでなく選手としてどう意識して向き合うかを教えていた。

そんな彼の印象的な言葉に 「練習は試合。試合は戦争。」 彼はプロになる遥か昔の少年時代からブラジルでは当たり前の用にそう過ごしてきた。 日本では想像もできない貧困家庭に生まれ、その為にサッカーをあきらめざる得ない 状況に陥ったこともあった。 (その状況を救った日本人サッカー選手の話はまた別の機会に。)

そんな彼らはサッカーに向き合う姿勢が違う。

例え、ストリートサッカーであろうが練習であろうが勝ちにこだわり本気でおこなっている。

世界を舞台にプレイをするにはそういったメンタルの部分が重要になってくる。

今回、エジミウソンを通して練習や試合に対するフィジカルとメンタルの部分を教わった 日本の少年達が世界に羽ばたいて欲しい。